包茎手術は健康保険が適用されるのか

包茎手術は健康保険が適用されるのか

亀頭部に包皮が被っている包茎は、包茎手術を受けることで治すことができると言われていますが、高額の費用が掛かってしまう手術もありますので、包茎の男性は受けるかどうか悩んでしまうでしょう。

 

この包茎手術は健康保険が適用される場合と、適用されない場合がありますので、病院やクリニックなどで自分の包茎が適用されるか確認してみるのも良いでしょう。 健康保険が適用されない包茎は仮性包茎と言われており、日常生活を過ごしてく上で支障がないということで自由診療になり、適用されないのです。

 

しかしごく一部の病院では保険適用の範囲内で仮性包茎の包茎手術を行っているところもあるようですが、基本的に実費となりますので、払う方向で考えておいた方が良いでしょう。 そして健康保険が適用される包茎は、真性包茎とカントン包茎と言われており、真性包茎は亀頭部に包皮が癒着していることが多くあるため、不衛生で病気や感染症にかかりやすいから適用されるようです。

 

また健康保険が適用された場合の真性包茎の手術費用は、泌尿器科の場合で約2万円から5万円くらいになっています。 それにカントン包茎は包皮輪が狭いため、勃起した時にペニスを締め付けて亀頭がうっ血してしまい、壊死してしまうおそれもあるので、真性包茎と同様に病気と認められ健康保険が適用されるようです。

 

だから真性包茎やカントン包茎で悩んでいる男性は、健康保険を利用して費用を安く抑えて手術を受けてみましょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら