本田ヒルズタワークリニックの特徴

本田ヒルズタワークリニックの特徴

本田ヒルズタワークリニックという病院名を聞いたことは無くても、テレビなどで本田昌毅医師を見たことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか。 本田ヒルズタワークリニックの総院長である本田昌毅医師は、以前横綱朝青龍の主治医であったことでも有名ですね。

 

この本田昌毅医師は、包茎(ほうけい)治療だけでなく、早漏や長茎などの手術も行い、その手術数は日本一を誇ります。 また精神保健指定医でもあるため、カウンセリングから包茎(ほうけい)手術、術後の相談まで一貫して同じ医師が行ってくれるのが人気です。 これは他のクリニックにはない、大きな特徴ですね。

 

本田ヒルズタワークリニックは全国展開していて、東京駅前・名古屋・京都・神戸・岡山・小倉・宮崎・那覇・石垣島の9か所に診療所があります。 本田昌毅医師の技術やノウハウをたたき込まれた、高い水準の本田ドクターズグループと本田総院長が、各診療所をまわって診療しています。

 

どの診療所も、すべて男性のスタッフしか存在せず、立地も人目につかないような場所に配慮されていますので、安心して訪れることができます。 現在の包茎(ほうけい)手術で最もポピュラーな術式である、亀頭直下埋没法や切らない長茎術という術式は、本田昌毅医師が技術開発したものであり、この分野の第一人者でもあります。

 

 

本田総院長が技術指導した医師がこの業界には50人、患者さんは3万人以上もいるそうです。 本田総院長が精神科医であることから、包茎(ほうけい)によるコンプレックスにも非常に理解があるクリニックでもありますね。

本田ヒルズタワークリニックの特徴関連ページ

ABCクリニックで包茎手術